値段が高い先発品ED薬を買うよりも、安くて同じ成分のジェネリック医薬品をオススメいたします。中でもカマグラは大人気となっています。

抗コリン薬による薬剤性EDとカマグラの服用

男性が女性と接触して性的に興奮すると、通常であれば性器の動脈が拡張されて海綿体に多量の血液が送り込まれ、特有の硬さや持続力が発揮されることになります。
しかし、血管や神経に何らかの異常がある場合などについては、思うように血液が海綿体に集まらず、EDの症状があらわれ、女性を満足させられないという結果に終わってしまうことがあります。
こうしたEDの原因としては、実にさまざまなものが考えられ、代表的なものとしては、動脈硬化で血管の内部が細くなり、血液がスムーズに流れなくなるなどといった器質的なものが挙げられます。

ほかに、若い男性などでは女性経験の少なさがプレッシャーとなって興奮が消えてしまうという、心理的な要因によるものもあります。
さらに、持病があるという理由である種の薬剤を服用している人については、その薬剤の作用によってEDの症状が引き起こされてしまうということもあります。
たとえば、副交感神経に作用する神経伝達物質であるアセチルコリンに対して阻害的にはたらく成分を含んだ抗コリン薬とよばれる薬剤は、頻尿の治療などでよく用いられているものですが、逆にEDの症状の原因になってしまうこともあります。

一方、EDの症状に対応した薬剤としては、バイアグラやそのジェネリックであるカマグラのようなED治療薬が知られており、ともに性器の血管を拡張して海綿体に血液を流し込むという役割を担っています。
したがって、EDの症状があれば、カマグラのようなED治療薬を服用すればよいということになりますが、多くの異なる種類の薬剤を併用すると、その相互作用によって肝心の効き目がなくなってしまったり、副作用が出てしまうなどの可能性があるため、医師と相談して適切に対応することが必要です。

関連記事